【多様化する葬儀】生前葬について

生前葬とはの写真

生前葬とは

人がお亡くなりになった時に行われるのが葬儀ですが、それを生きている間に行う生前葬と言うものがあります。葬儀は故人に対して遺された方々がお別れをするための儀式です。生前葬の場合は、本人が喪主となり、お世話になった方々に直接お別れとお礼をするために行われます。メリットとしては、故人に当たる本人の希望どおり行うことができることや社会的な活動に区切りをつけられることなどがあります。一般的にはまだまだ浸透していませんが、有名人では番組の企画や新たな活動をはじめるためなどの理由から行われています。どちらかというと区切りとしての意味が大きいのが実情です。古くは1900年初めに行われたと言う記録もあります。死後に行われる時とは異なり、明るい雰囲気で行われることが多く見られます。儀式的な制約にとらわれず、本人の理想通りに進められるため、人生を振り返るスライドの上映やカラオケ大会、立食パーティーなどのイベントが行われます。無宗教の人は、死後に儀式的なことが行われることを避けたいという理由から検討されることもあるようです。生前葬にはメリットも多くあり、これからは一般の方々にも普及していく可能性があります。特に相続者がいない場合など、遺された人への負担を減らすために希望する方が少しずつ増えてきています。生前葬をやったからといって葬儀を行えないわけではないので、遺族の考え方では両方行われることも考えられます。

葬儀 船橋