【多様化する葬儀】生前葬について

生前葬のデメリット

生前葬のデメリットの写真

もちろん生前葬をやる時にはデメリットがあることを知っておかなければいけません。もっとも大きなデメリットは生前葬の認知度の低さです。認知度は徐々に高くなっていますが、まだまだ一般的ではありません。葬儀と同じレベルとは言えない状況で、別のものと思われる方も多くいます。そのため、生前葬を行っても出席してもらえないことがあります。故人に対しては、お別れを言うために時間を割いてくれるかもしれませんが、ご存命の時にわざわざ出席しようと思ってもらえるかが心配なところです。まだ元気でいるから今回は遠慮しておきますと考えられる方も多く、葬儀の代わりにならない恐れがあります。最悪の場合、生前葬と葬儀を両方行わなければならないケースも考えられます。これからさらに認知度が上がれば周囲の理解も得られるかもしれません。また、相続の問題が前倒しになる恐れも考えられます。遺族が直面する大きな問題として遺産の相続があります。生前葬を行うと死後ではなく、本人の前で行われることも覚悟しておかなければいけません。相続についてはっきりとした見解を示さないまま生前葬を行うことは、直接問題を提起することとなるため、騒ぎが起こっても不思議ではありません。ただし、しっかりと整理した上で行う場合には、本人の考え方も確認できるので、スムーズに話が進む可能性もあります。だからこそ、生前葬と相続の意思表示は切っても切れない関係にあることを覚えておく必要があります。