【多様化する葬儀】生前葬について

生前葬のマナー

生前葬のマナーの写真

葬儀であれば喪服など決まった服装もあり、数珠やお香典などがあります。生前その場合、信仰にかかわらず行われるため、決まったルールがあるわけではありません。本人が望む形で行われることが基本ですから、服装や持ち物など自由に決めることが可能です。自由度が高い分、参加者は混乱することになるので、主催者としては明確な条件を提示しておく必要があります。自由度の高い生前葬で決めておかなければならない4つのことがあります。1つは、しっかりと余裕を持って告知を行うこと、葬儀よりも余裕が持てるので計画を立てて行いましょう。お香典の要否を決めましょう。会費での徴収であれば、その旨をしっかりと伝えておきます。ドレスコードもはっきりと伝えておきます。参加者は、まだまだ経験されてことのない方が多いため、できれば案内状を送る際に大まかな流れを伝えておくと安心です。参列する場合には、告知状に書かれている内容に注意して行動しましょう。葬儀だからと言って喪服で伺うと本人の要望と違う恐れがあります。しっかりと書かれている内容を理解して、合わせる努力をします。生前葬といっても、葬儀に参列するのと同じ気持ちでいなければいけません。お亡くなりになられた時には葬儀が行われない恐れもあります。そのような認識で行動や判断をしないと、生前葬を軽んじていることになり、しっかりとしたお別れができなくなります。葬儀の代わりに行われると言うことを肝に命じておきましょう。